Top / Alan言語仕様 / Time パッケージ

Alan v0.15
Reference
Time パッケージ

Last updated: 2006-07-08
Created: 2005-02-24


by Fumisky Wells

Time --時間・日付関係

wwwstat.al を作成するためにでっち上げてみたパッケージです。 まだまだ不完全なのは承知しております(^^;)。

以下、詳細です。

Time.Datetime型

演算子

  1. Datetime型同士
    比較 ==, <>, <, <=, >, >=
  2. Days型と
    加減 +, - 日数の加減 Datetime op Days → Datetime

メンバ

init () # デフォルトコンストラクタ
init (Datetime) # コピーコンストラクタ
init (str) # コンストラクタ
int: size # (v0.10) サイズ

以下、詳細です。

Time.Datetime.init()

説明
デフォルトコンストラクタです。
初期値が与えられない場合、西暦 1年1月1日 0時0分0秒が セットされます。
例外
-
例
import Time end

Datetime: a     # デフォルトコンストラクタによる初期化
put(a)
SEE ALSO

Time.Datetime.init(Time.Datetime)

説明
コピーコンストラクタです。
例外
-
例
import Time end

Datetime: a = now   # コピーコンストラクタによる初期化
                    # (now は今の時刻を得る関数)
put(a)

SEE ALSO

Time.Datetime.init(str)

説明
文字列による日時表現を初期値とするコンストラクタです。 フォーマットは YYYY-MM-DD HH:MI:SS 固定です。
例外
VE_DATETIME_FORMAT --フォーマットエラーによる初期化の失敗例外 です。
例
import Time end

Datetime: a = "2005-02-24 22:40:33"
put(a)
SEE ALSO

int Time.Datetime.size

説明
型のサイズを返します(byte数)。
例
import Time end
put(Datetime.size)

SEE ALSO

Time.Days型

日数を表現する型です。 Datetime型との間で、日数の加減を行う場合に用います。

演算子

  1. Datetime型と
    加減 +, - 日数の加減 Datetime op Days → Datetime

メンバ

init () # デフォルトコンストラクタ
init (str) # コンストラクタ
int: size # (v0.10) サイズ

以下、詳細です。

Time.Days.init()

説明
デフォルトコンストラクタです。
初期値が与えられない場合、0日がセットされます。
例外
-
例
import Time end

Days: a    # デフォルトコンストラクタによる初期化
put(a)
SEE ALSO

Time.Days.init(int)

説明
整数値 = 日数と見て初期化するコンストラクタです。
例外
-
例
import Time end

Datetime:   d = now
Days:       a = 35      # 35日
put(d + a)              # 35日後を印字
SEE ALSO

int Time.Days.size

説明
Days型のサイズ(byte数)を返します。
例
import Time end

put(Days.size)
SEE ALSO

Time.Datetime Time.now

説明
今の時刻を知る
戻値
今の時刻を表す Datetime型
例
import Time end
put(now)
SEE ALSO
Datetime型

Top / Alan言語仕様 / Time パッケージ





Alan ver0.31